産後の会陰切開の傷について。

分娩中に胎児が降りてきて怒責を行ってもなかなか生まれない時があります。そんな時には会陰切開を行って出産を促す事になります。殆どの場合切開しなくても自然に生まれてきますが、あまり時間がかかりすぎると赤ちゃんが酸欠状態になり危険なので行われる処置の一つです。それで無事に出産したら切開した部分を縫合しますが、産後その傷が痛くて辛く感じる事があります。特に排便時などは傷に負担がかかってしまうので痛みが強く感じられ、ひどい場合には座薬を使って痛みを和らげる事もあります。傷は退院までには抜糸しますが完全にふさがるまでは意識して清潔にしておく必要があります。よほどの事がない限りは心配ありませんが稀に感染してしまう事があるからです。痛みは徐々に楽になっていきますが、あまり激しい運動は避ける事が望ましいと言えます。

産後の会陰切開の傷について

出産のときに、会陰切開をした経験がある方は多いのではないしょうか。わたしも、一人目の子供を産んだ時には、会陰切開をしました。一応麻酔をして行ったのですが、あまり麻酔が効かずにとても痛かったのを覚えています。思わず大声で「痛い」と叫んでしまい、隣の部屋にいた母が心配して駆け付けたほどでした。会陰切開をすると、産後にも傷が残っているので、はじめはトイレに行くにもためらってしまいます。わたしも、息子を産んで初めてトイレに行ったときは、すごく恐る恐る用を足した覚えがあります。実際には、そんなに傷口にしみたりすることはないのですが、何となく気持ち的に緊張してしまいます。縫ったばかりで、まだまだつっぱり感もあるので、余計恐る恐るになってしまいました。でも大丈夫です。徐々に傷の感じにも慣れてきますので、あまり心配することはないですよ。

産後の会陰切開の傷について

出産時に、会陰の裂傷を避けるために、医師が会陰切開を行う場合があります。会陰切開をすることで、産後の傷の治りが早くなると言われています。会陰のマッサージをしていたり、スイミングをしていた人などは、会陰が伸びやすく、切開の必要がない場合もありますが、出産をした経験のある人の半数以上の人が会陰切開を受けています。出産後に切開したところは、医師によって縫合してもらいます。縫合をするときには、麻酔をしますが、痛みが少しあります。そして、縫合をした傷は、大きさにもよりますが、痛みが5日程度痛みが続くという人もいます。特に、排便をするときに痛みを感じる人が多いです。トイレットペーパーで拭くときに痛みを感じるため、ウォシュレットを利用して、洗浄をするようにしましょう。縫合した糸は、しばらく経つと自然に溶けるため、抜糸の必要がないです。