上級者に聞いたシールラベルの魅力

調味料やジャムの入った瓶や、収納の箱などにシールラベルをつけると、わかりやすい上に可愛かったりオシャレになったりします。ラベルを付けるだけで、瓶や箱がインテリア風になることもあります。そして、整頓してならべれば、すっきりとして見えます。身近にあるものをラベリングするのは楽しいものです。砂糖など調味料は、ケースに入れて保存すれば長持ちして、シールラベルを貼れば機能的になって料理もスムーズになります。いま流行りの常備菜にラベリングすれば、冷蔵庫を開けてすぐに何が入っているのか把握することができます。紙製だけではなく、ステッカータイプの耐水性のものもあるので、水や洗剤で洗っても大丈夫なのです。素材は色々あり、布素材のものは柔らかなイメージになります。

簡単手作りのオリジナルシールラベル

多くのタイプのシール素材があるので、好みのものを購入して、自分でオリジナルのものを作ってみるのも楽しいです。色付きペンで文字やイラストをかくと、やわらかい印象でハンドメイド感のあるものになります。パソコンでイラストなどの素材を、専用のシートに印刷する方法があります。こちらの仕上がりは、本格的なものになります。そして、アレンジするだけで多様な種類を印刷することができるのです。たくさん作りたい場合には、プリンターをつかって制作すると簡単です。イラストレーターやフォトショップといったデザインソフトを併用すれば、自由自在にイラストやロゴ等を描くことができます。出来上がったものを、ハサミやカッターで色んな形に切り抜けば、よりオリジナル性が増すようになります。

シールラベルを依頼して作ってもらう

パソコンやプリンタを使えない環境だったり、デザインソフトが使えない場合、世界にたったひとつだけのオリジナルのものが欲しいと思ったら専門業者に依頼するという手段があります。また、非常にたくさんのシールが必要な場合も、経費や手間の面を考えればこのような手段が有効です。宣伝に効果的なデザインを相談できることもあるので魅力的です。比較的短期間で仕上げられる場合が多いので安心できます。価格も手ごろなので、利用している人や企業は増加傾向にあります。用途も様々で、イベント用や電化製品むけのもの、工業製品や注意ラベルなど幅広くあります。粘着度も選ぶことができます。例えば、取扱注意のものに貼るタイプは、粘度の高いものが使用されています。このような細かい指定ができるので、とても便利です。