様々にあるシールラベルの種類と特徴

シールラベルと聞くと、収納や文房具を分けるために使うものと言うのが一般的なイメージです。確かに、ラベリングすることで、どこに何があるのかが分かりやすくなり、子供でも整理整頓ができるなどのメリットがあります。しかし、せっかくあるラベルを仕分けのために使うのはもったいないことです。せっかくあるものなら、もっと活用して生活をより良いものにしていきましょう。こうすることで、生活しやすくなるだけでなく、もっとおしゃれに、より生活を楽しむことができます。毎日の生活で使う中で、もう少しこうだったらいいのにと思うことはたくさんあるでしょう。そのようなものが、少しのアイディアと手間を加えるだけで、簡単に作ることが出来、生活を彩って豊かにしていきます。

たくさんあるシールラベルの種類

ラベルに使うシールは、白いもので、油性ペンで文字を書いて貼るという人が多いでしょう。このシールはよく販売されていますが、よく見ると白以外にもナチュラルな茶色やカラフルなものまで幅広い種類があることに気づきます。プリンターに対応しているものも少なくありません。手書きの他に、パソコンで必要な大きさのものを作成し、印刷すると言う使い方もできます。シールを貼っただけでは、水に弱くて使えないという人にも安心な、シールをカバーするための透明なコーティングがセットになっているものや、透明シールを上から貼るようになっているものもあります。このような種類の中から、自分にあったものを選ぶようにしましょう。同じ場所には同じラベルを使うようにすると、色に統一感が出ます。

シールラベルの持つ特徴と使い方

シールラベルを使っていくと、もう少し下に貼りたいなどの希望が出てきます。そのような時には、貼ってもきれいにはがせるタイプのシールを選ぶといいでしょう。キッチンなどの水回りには、コーティングしてあるものが安心です。せっかくシールを貼るのであれば、ケースも同じものを揃えるといいでしょう。シャンプーやコンディショナー、トリートメントなどのボトルを全て同じものにして、ラベルを貼るとホテルのようになります。文房具も、必要なときに出てこないクリップなど、どこに何があるかを分かるようにしておきましょう。ラベルに絵を描いたり、プリンターで書体を揃えて印刷するなど、工夫はたくさんできます。オリジナルのものもできますし、手書きでもペンの色をそろえるだけでもきれいになります。